無料 生命保険 見直し

生命保険のベストな見直し方!

無料,生命保険,見直し

生命保険見直しを定期的にしていますか?現状にあわなくなったりしていませんか?生命保険はほとんどの方が一生涯かけ続けるという特別な商品です。そのために保険をかけ方を間違えると、一生涯で数百万円もの無駄な出費となり、大損している可能性もあるといいます!でも、生保ってほんと難しくて見直したくてもなかなか出来なかったんですが・・・最近ではプロが生命保険の無料相談をしてくれるサービスが大人気になっています!当サイトではこの生命保険の無料相談サービスを人気ランキング形式で、わかりやすく紹介しています。いかに賢く保険を選ぶかで自由に使えるお金や資産を増やすことも可能になります。これからの時代、収入を増やすことももちろんですが、入った収入を無駄に損しない、ということにも注目したいですね!

 



スポンサーリンク

 

無料,生命保険,見直し

  保険マンモス 【 訪問型のFP相談(自宅・指定場所)】

無料,生命保険,見直し

<保険マンモス>では豊富な実績とノウハウをもつベテランFP(ファイナンシャルプランナー)に【完全無料】で保険相談をすることが可能。また特定の生命保険会社に所属していない【完全中立】な立場での最適の保険提案も魅力です。面談場所は自宅など都合のいい場所を指定することが出来るので外出がむつかしい方や時間があまりない方にも好都合。96%以上の利用者から「役に立った!」という満足度の高さもオススメの理由です。また無理な勧誘が出来ないシステムも安心材料のひとつですね。

 

 

無料,生命保険,見直し

  LIFULL保険相談 【 来店型の保険ショップ(窓口)総合予約 】

無料,生命保険,見直し

買い物ついでに保険相談ができる、手軽な無料相談の予約サービスです。
全国1100店舗以上の保険ショップと提携、窓口で無料相談出来るのは本当に便利。
上記で紹介している『自宅までFPが来てくれる保険相談サービス』はちょっと面倒かなっていう方には最適です。
自宅に上がってもらうとか、近くのファミレスで説明を受けるっていうのは案外ハードル高いって方にもいいかもしれません。
お出かけついでにっていうのは制約も少なくて気楽に話が聞けますね。

 

無料,生命保険,見直し


生命保険あれこれ

生命保険見直し

いま一番費用対効果が高いと思われる生命保険選びは、
(1)生命保険の無料相談で見直しや新規加入の保険無料相談を行うこと。
(2)また、生命保険の無料相談は一社に限定せず、最低でも2社で提案してもらう。
という方法がベストではないかと思います。
これは、相談に乗ってくれる、FP(ファイナンシャルプランナー)の経験や考え方によって異なる提案がある可能性があるからです。
それ以上に、FPのその人となり、自分との相性というのが個人的な内容を話す上でも大切だと思うからです。こればかりは実際に会ってみないと分からないことなので、複数社での無料相談がベターと考えています。とはいえ、多すぎるもの大変なのでまずは2社での無料相談をオススメします。

 

生命保険無料相談

生命保険について考えてみると、これほどパーソナルな商品というのは少ないかもしれません。年齢、男、女という性別、職業、独身、既婚、所得、ライフプランなどなど、そのひと個人のさまざまな状況や希望をもとにプランニングされるものですから。それに応じる各保険会社の多様な商品、これらの生命保険の商品から自分にぴったりとあうものを見つけることは、個人では至難の業のような気がします。以前は会社に訪れる生命保険のセールスレディーが簡単なパンフレットとプランで「この生命保険、いいですよ!」という話から加入することがほとんどの時代もありました。これも一種の無料相談ではあったのかもしれませんが、データを利用して提案してくれる今のやり方とはまったく違います。考えてみるとずいぶん安易に多額のお金を使ってきたものだと思ってしまいますね。これから最新の方法で生命保険の見直しや生命保険に新規加入するとすると、それは生命保険の無料相談からはじめるやり方だと思います。
生命保険の無料相談の何がいいかというと、生命保険や損害保険、資産運用など金融面の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)が、個人の希望や・状況から最適と思われる生命保険の組み合わせをプランニングをしてくれるところです。なかでも、どの保険会社にも属さず中立的な立場のFPが提案してくれる生命保険の無料相談を選ぶことで、最良の生命保険を選択するとが可能になります。
また、同じタイプの会社2社の異なるFPから提案をしてもらえば、より選択する方向が鮮明になるはずです。どちらで契約するかは、FPさんとの相性でいいんじゃないでしょうか。
生命保険など自分の大切な財産を使っていくわけですから、多少面倒でも慎重に検討したいものですね。


スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ